★ 店のレコード、新入荷レコード等

2018.07.18
夏の夜のライトなファンキー&レア・グルーヴ

TWO DAYS AWAY / ELKIE BROOKS

DOUBLE FUN / ROBERT PALMER
元々デュオを組んでいた二人。ERKIEのLOVE PORTION NO.9は聴きもの。ROBET PALMERはこの時期どのアルバムを聴いても◎。特にA1 EVERY KINDA PEOPLE素敵です。

JOSE FELICIANOの、ファンキーな2枚。ANGELAとAND THE FEELING'S GOOD。しかしあくまで暑苦しくなく爽やか。
AND THE FEELIN・・・のHARD TIMES IN EL BARRIOのテンションの高いギターのカッティングが素晴らしく、次のELLEN McILWAINEとつなげてよくかけます。

DOUTHERN WINDS / MARIA MULDAR。LEON RUSSELのMAKE LOVE TO THE MUSICが素敵。


JACKIE LOMAX / LIVIN' FOR LIVIN' 。MOREの軽いタッチのファンキーさがこの時期心地よく響きます。

よくかける2枚。

HONKY TONK ANGEL / ELLEN McILWAINE。とにかくこの人のギターのカッティングが素晴らしい。
BARBARA KEITH / BARBARA KEITH
面子は凄いし演奏も素晴らしい。DYLANのALL ALONG THE WATCH TOWERをよくかけますが、ラストのA STONE THROW AWAYが素晴らしい。ギターはLOWELL GEORGE、ドラムはJIM GORDON。後にVALERIE CARTERがカバーし、アルバムのタイトルソングにもしましたね。


2018.07.10
夏のlive盤特集!

人気のlive盤をアップします。

・ロックのlive盤定番のKISS ALIVE
・人気の衰えないCHEAPTRICK AT BUDDOKAN
・轟音ギターのNEIL YOUNG LIVE RUST

・兎に角ギターがすごい、STEPHEN STILLS
・グラムなDYLAN?ROLLING THUNDER AVENU
・ヒット曲満載STEVE MILLER BAND
・オープニングのカレンのドラムが聴きもののCARPENTERS


・映画のサントラですが、ラストのWON'T GET FOOLED AGAINは永遠の名演奏!
・とにかくタイト、ショー、QUEEN LIVE KILLERS
・KINKS /ONE FOR THE ROAD ARISTAへの移籍後の名ライブ盤。VAN HELEN風にYOU REALLY GOT MEを!!
・60年代ストーンズの名演、ROLLING STONES / GET YER YA-YA'S OUT!

GEORGE、BEATLES解散後初来日した時期のライブ。
GEORGEのバックはクラプトンバンドが努めます。切々と歌うGEORGE。

PAUL初来日は本当に心が躍りました。まだLINDA存命時期。まさかGOLDEN SLUMBERS~CARRY THAT WEIGHT~THE ENDをライブで見れるとはこの時思っていませんでした。絶好調のPAULをお聴きください。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 DUSTY SPRINGFIELD

(2018.06.27)

 

WHERE AM I GOING / DUSTY SPRINGFIELD UK PHILIPS 1967 

 

60年代イギリスの歌姫の極めつけのアルバム。SWINGIN' LONDON感全開の好盤。デザインも抜群です。「BRING HIM BACK」でSWINGして始まり、「I CAN'T WAIT UNTIL I SEE MY BABY'S FACE」のようなキャッチーナ曲もあり、更に何と言っても後にカーペンターズで有名になる「THEY LONG TO BE CLOSE TO YOU」も歌っています。(作曲はバート・バカラック)

60年代イギリスガールポップ、一番好きなのはPETURA CLARKですが、実力はなんと言ってもDUSTYかと。メンフィス録音以降はあまり興味がないですが、60年代イギリス時代は最高です。この次のアルバムではJOHN PAUL JONESがアレンジ・ベースを担当した曲が含まれていたり。勿論初期の「I ONLY WANT TO BE WITH YOU」(BAY CITY ROLLERSやTOURISTSがリバイバルヒットさせてます)等最高ですね。シングル盤もありますのでお気軽にダスティー聴きたい!とお声がけください。

5/8   EAGLESのレコード

欲しかったセカンドアルバム「DESPERADO」のUK盤がついに手に入りましたので、一度EAGLESについて。
店にはライブまでのアルバムは全てあります。(再結成のアルバムとそのライブは残念ながらありません)。

EAGLESというバンドの名前を聞くと、皆さんどのような感じの曲がお好きでしょう?晴れ渡った青空、切ない歌声、ギターワークのかっこよさ、良きアメリカ、現実への幻滅・・・様々あると思いますが、私は一番好きなものは「夕暮れ感」溢れる曲達でしょうか。夕闇迫り、一日の疲れが心地よく、今日の日を振り返りつつも残りのこの日を期待しながら過ごす時間。そんな時を思い起こさせる曲を愛してやまないです。ドン・ヘンリーの歌声、コーラスワーク、印象的な夕暮れのジャケット等から想起してしまうのかもしれませんが。最初に買ったシングルHOTEL CALOFORNIAのB面のPRETTY MAIDS ALL IN A ROWが好きで一日で何度も聞いていたことからEAGLESの好きな感じが決まってしまったのかもしれませんが。

代表曲は言わずもがなですが、ここで私が好んで描ける「夕暮れ」を感じる曲をご紹介します。アルバムの( )内は、店のレコードのプレス国です。

TAKE IT EASY (UK)
 MOST OF US ARE SAD

DESPERADO(UK)(US)
 DOOLIN-DALTON

ON THE BORDER(US PROMO)

 YOU NEVER CRY LIKE A LOVER

ONE OF THESE NIGHT(US PROMO)
 AFTER THE THRILL IS GONE

 

HOTEL CALIFORNIA(US)

 PRETTY MAIDS ALL IN A ROW

 

LONG RUN(US)
 SAD CAFE 

 

特に「呪われた夜」以降のアルバムからの3曲は何度聞いても、じんわり来てしまいます。アルバムとしても呪われた夜は1番好きです。

 

5/1 Nick Loweのレコード

2018年4月30日、久々にNICK LOWEのライブを見に。久々にNICK LOWEモードになってしまいましたので、ここに記載します。

私が最初にNICK LOWEに出会ったのは、DAVE EDMONDSらとのROCK PILE。高校生当時は古いタイプのロックのリバイバル程度にしか認識していませんでしたが、今顧みるとロックの伝承といいましょうか。カンボジア難民救済コンサートではヴォーカルにROBERT PLANTを迎え、LITTLE SISTERSを。(同じライブではWINGSのROCKESTRAでボンゾもドラムを叩くという豪華な内容)。

そしてそのまま20代後半まであまり意識せず過ごし、出会いは唐突に。
新潟に住んでいた時、出会ったロックバーがその名も「NICK THE KNIFE」。マスターが本当にNICK LOWE好きで、アルバムタイトルをそのまま店の名に。
通うちどんどんいろいろな曲を教えてもらいすっかり虜に。自分でも探して買いあさり、すっかりファンになりました。残念ながらそのマスターはお亡くなりになっていて店はもうありませんが、私がロックバーを将来やってみたいなと思うに至ったのは、この店との出会いがあってから。
新潟のNICK THE KNIFEがなければ今はないかもしれません。

2018.04.14
ZEPPELIN!!


突然JIMMEY PAGEのレコードが送られてきた。前に注文していたのをすっかり忘れていて・・・。1966-68年ごろにKEITH DE GROOTという人のバックをJ.P.JONES、ALBERT LEE、NICKY HOPKINS達と務めた編集盤らしいです。基本50年代スタイルのロックンロールですが、さすが68年録音?と思われる曲は、ロックの新しい流れをくむ楽曲に。66年から68年のブリティッシュロックシーンは音がどんどん変化してゆく面白い年代ですので、そんな背景も楽しめます。B面7曲目のBURN UPはちょっとギタープレイ含めて聞きどころか。
折角なんで買ってあまり聞いていないROBERT PLANTの新譜もかけてゆこうと思います。

ただ、こうしているとどうしてもLED ZEPPELINもがっつりかけたくなってきまして、しばらくZEPPELIN高頻度にかけてゆくと思います。
店のZEPPELINはようやく1ST、2ND、PRESENCEはUKオリジナル盤で、2ND~PHYSICAL GRAFFITI、IN THROUGH THE OUT DOOR、CODAはUSAオリジナル盤で揃ってます。
任期はないけどIN THROUGH~はラストアルバムでもあり、丁度高校のころオンタイムで聴いていたこともあり、思い入れのある1枚。LAST SONGのI'M GONNA CROWLは、夕暮れ感漂うアレンジといい、PAGEのギターといい何度聞いてもよい。

折角なんで、よくかける曲をご案内。シングルであるのは、ラジオステーションプロモ盤で
GOOD TIMES BAD TIMES / COMMUNICATION BREAK DOWN
IMMIGRANT SONG
ROCK'N ROLL
BLACK DOG
STAIRWAY TO HEAVEN

USAオリジナル盤で(MONO!)
WHOLE LOTTA LOVE

☆1ST
B面頭3曲連続
たまにYARDBIRDSのWHITE SUMMERからBLACK MOUNTAIN SIDEをつなぎます。
DAZED AND CONFUSED

☆2ND
HEARTBREAKER~LIVING LOVING MAID
THANK YOU
FREE、GRAND FUNK RAIL ROADのHEARTBREAKER3連発なんてのも。

☆3RD
SELEBRATION DAY

☆4TH
MYSTY MOUNTAIN HOP

☆HOUSE OF HOLY
THE SONG REMAIN THE SAME 
RAIN SONG
OVER THE HILLS AND FAR AWAY
D'YER MAK'ER

☆PHYSICAL GRAFFITI
CUSTARD PIE
THE ROVER
HOUSE OF THE HOLY
TRAMPLED UNDER FOOT
BLACK COUNTRY WOMAN

☆PRESENCE
ACHILLES LAST STAND
ROYAL ORLEANS
CANDY STORE ROCK

☆INTHROUGH THE OUT DOOR
IN THE EVENING
I'M GONNA CROWL
HOT DOG

☆CODA
WE'RE GONNA GROOVE
WEARING AND TEARING
WALTER'S WALK

こうして書き出してみると偏ってますね(笑)
これ以外の曲のリクエストお待ちしてます!
そうそう、HONEY DRIPPERSやらFIRMも忘れちゃならない!
FIRMはシングルカットされたRADIO ACTIVEは置いておいて、A面1曲目CLOSERや、B面ラストのMIDNIGHT MOONLIGHTは名曲と思います。

WHOに続き着々とSTONES60年代~70年代UK盤シングルも着々と。

余りに轟音のものが多く、こちらも驚き。当時のUK DECCAレコードのカッティングの良さに感激です。

轟音シングル!
WHO  

5:15 / WATER

THE LAST TIME / UNDER MY THUMB

 

KINKS

DAY'S

何も言うことがない、とんでもない音のシングル盤です。ぜひ一聴を!!

現在店にあるWHOのシングルリストです(UK基準)
USオンリーではCALL ME LIGHTNING、BEHIND BLUE EYES / MY WIFEがあります。

2017.05.08
最近入荷のシングル盤です

60年代UKものから
I ONLY WANT TO BE WITH YOU / DUSTY SPRINGFIELD
IT'S NOT UNUSUAL / TOM JONES
SET ME FREE / KINKS
WATCHA GONNA OBOUT IT / SMALL FACES
GLORIA / THEM
HA!HA!SAID THE CLOWN / MANFRED MANN

 

WHO関連から
DR.JEKYLL&MR.HYDE // CALL ME LIGHTNING
LET'S SEE ACTION
BEHIND BLUE EYES // MY WIFE
LOVE , REIGN O'RE ME(PROMO)
ROUGH BOYS / PETE TOWNSHEND

ROCK王道60年代・70年代
SOMEBODY TO LOVE / JEFFERSON AIR PLANE
HUSH / DEEP PURPLE
YOU KEEP ME HANGING ON / VANILLA FUDGE
HARD LUCK WOMAN / KISS
TONIGHT / RASPBERRIES
CUM ON FEEL THE NOIZE / SLADE
ALL RIGHT NOW / FREE
そして謎のバンドの王道カバー
 ROCK'N ROLL / SWEET SMOKE

BEATLES 関連
これが欲しかった、
BEWARE MY LOVE / WINGS(LET'EM INのB面)
DREAM AWAY / GEORGE HARRISON(映画バンデットQのサントラ)
LONG AND WINDING ROAD / BEATLES(US盤ですがラストシングル)

PUNK~AFTER PUNK UK BEAT
GOING UNDERGROUND / JAM
ABSOLUTE BEGINNNERS / JAM
(着々とジャムはUKオリジナル盤でそろえています・・しかも中古で安い!)
HOLLIDAYS IN THE SUN / SEX PISTOLS
PRETTY VACANT / SEX PISTOLS
SOMEONES LOOKING AT YOU / BOOMTOWN RATS

ちょっとしっとりと
MERCY MERCY ME / MARVIN GAYE
YOU CAN HAVE ME ANYTIME / BOZ SCAGGS

2017.04

 

Paul McCartney来日記念

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

70~80年代のものは全てUKオリジナル盤でそろえていますが、その中でも特に音の良いのはこの3枚。

・VENUS & MARSは初めて買ったWINGSのアルバムで、最も思い入れが強い1枚です。LETTING GOの強烈なベースを聴いてください!

・地味な印象の2枚ですが、音は格別。RED ROSE・・・のLOOP等はPINK FLOYDの影響か?WILD LIFEのSOMEPEOPLE NEVER KNOWの素晴らしいアコースティックギター音も注目です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お気に入りの3枚。

RAMは全曲素晴らしい。楽曲の豊かさとTOO MANY PEOPLEの音の良さに感動。

BACK TO THE EGGは高校の時のリアルタイムで思い入れのある一枚。ハードなPAUL、メローなPAULが楽しめる1枚。ROCKESTRAではボンゾやピートも参加しているわくわく感も。
LONDON TOWNはポールをすごく感じてしまう1枚。LASTのMORSE MOOSE AND ・・・なんて、トラッド&ソウル的な展開に圧倒されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、この1枚は切なくなるアルバム。いろいろな思いがにじみ出てきます。MAYBE I'M AMAZEDはこのアルバムバージョンの声が素晴らしい。まだPAULは28歳!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

PAUL好きのみんなが大好きなこの曲、入口に飾ってあるピ-スケース付きのフランス盤とドイツ盤です。いつもかけるのはイギリス盤。

この曲のベースも凄い!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

RAMのB面ラストでどうしても音が潰れてしまっている大名曲BACK SEAT OF MY CAR。シングルは轟音です!
言っていただければいつでもかける準備します。

この時の声は最高です。

2016.12

店の名前は「33 1/3rpm」ですが、45rpmも充実させています。現在推定2000枚。
LPを置く場所が無くなってきてシングルふやしているということもありますが、何せ45rpmは音が良い!
BEATLESオリジナルUKシングルは勿論、60年代UK盤オリジナルでイギリスもの200枚以上ありますので、お聴きになりたいものリクエストしてみてください。
また、70年代はUSA、UKアーチストともにアメリカのラジオステーション向けプロモーションシングルも着々と充実。

 

最近仕入れたものの一部ご紹介します。
どれも強烈な音です!!

DAVE CLARK FIVE / DO YOU LOVE ME
 UKプロモーション盤
CARPENTERDS / GOODBYE TO LOVE
   USAプロモーション盤
NEIL YOUNG / HEY HEY,MY MY

   USAオリジナル盤
JIMI HENDRIX / HEY JOE

   UKオリジナル盤


2016.03
日本物は何があるの?とよく聞かれますが、メインはこの人です。

PANTAと頭脳警察!!!
正規発売のものは一通りあります。1989年の発売のPISSはレコードではレアです。あと明太ロック!
他にはRC、憂歌団、松田優作、大瀧詠一、MOON時代の山下達郎を中心にもろもろと。


2016.01

1月12日 今まで素晴らし作品をありがとうデビッド・ボウイ。安らかに・・・。


1月9日 David Bowie 「★」発売!&Bowieの誕生日。

 好きなアーティストの誕生日には多めに選曲してゆきます!
 今後は5月のPaul Weller & Pete Townshend。

 6月のPaul McCartneyは確定。

☆ついでに店のBowieのレコード紹介。

店のBowie UKオリジナル。アラディンセインはMTX1見開きジャケット。轟音です。

サントラも色々。

 

90年代。最近少しづつ入荷しています。

 

12inchシングル。Beauty&beastはロングバージョン!B面はFame!

シングル盤も色々取り揃えています。お好みの曲はありや?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

音の良いカーペンターズ。CLOSE TO YOUのUSA 1st プレスとUKマトリックス1(1stプレス)。比べてみたら、やはり違う。甲乙つけがたいです。当時のレコードを作成するエンジニアの気概が忍ばれます。