· 

アルバムラスト曲をシングル盤で

タイトルをご覧になって、

「なんだ?」

と思われた方も多いことでしょう。

 

 

レコードの音はそこにアーチストがいるような

臨場感とCD、デジタルでは拾いきれない

音が入っていますが、欠点もあります。

 

アルバムの内周の方が

音質が落ちてしまうということ。

 

これは残念ながら昔のレコードは

どうにもならない事実。

 

なので最近音にこだわる

アーチストはあえて2枚組にして

片面2~3曲にして、

最後の曲の音質を良くしています。

 

 

折角の大名曲や、

シングルヒットした曲が最後に

収録されていると、

音質でやはりちょっとかけるのを

控えてしまうことも多々あります。

BEATLES野初期は曲は2分そこそこですが

7曲片面に入ってますから。

 

 

しかし、そんな曲を

シングルで聴いてみると、

音圧やが素晴らしく、音質がよく、

改めて感動します。

 

 

今回はアルバム最後の曲で

シングルになっている名曲を

いくつか

ピックアップしてみます。

 

しかしシングルの昔のピースケースの

デザインがそれぞれ素敵です。

 

60年代

THE BEATLES / TWIST AND SHOUT,PLEASE PLEASE ME

THE BEATLES / MICHELLE

ZOMBIES /SHE'S NOT THERE

HOLLYS / I CAN'T LET GO

PETER &GORDON / A WORLD WITHOUT LOVE

KINKS / TILL THE END OF THE DAY

THE WHO / THE OX ,MY GENERATION

                 WE'RE GONNA TAKE IT

   

 

70年代~

PAUL&LINDA McCARTNEY / BACK SEAT OF MY CAR

THE WHO / WON'T GET FOOLED AGAIN

LED ZEPPELIN / SATAIRWAY TO HEAVEN

QUEEN / SEVEN SEAS OF RHYE

DAVID BOWIE / ROCKN ROLL SUCIDE

ERIC CRAPTON / LET IT RAIN

LOU LEED / WALK ON THE WILD SIDE

BOZ SCAGS / YOU CAN HAVE YOU ANY TIME

 

THE BEATLES / PLEASE PLEASE ME,TWIST AND SHOUT

「PLEASE PLEASE ME」1963

UK PARLOPHONE (GOLD)

A面前半までは素晴らしいです。こんなに音の良いロックのアルバムはないかと。

いわゆる一番最初のプレスです。
PLEASE PLEASE MEはシングル先行発売のもの。ジョージのギターが生々しい。
TWIST AND SHOUTは当時アルバム迄買えない(高額で)ファンが多かったため、4曲入りでアルバムのダイジェストをカットしていました。イギリス盤は45回転で、非常に音が良いです

THE BEATLES / MICHELLE

RUBBER SOUL 1965 UK PARLOPHONE (LOUD CUT)
ラウドカットと呼ばれる、迫力を出すために溝を深く切った特殊なカッティング。欠点として内周は溝が浅くなり音圧が低くなります。ノルウェーの森など凄い!、よって最後のミッシェルが潰れてしまっています。
BEATLESのアルバムからの最後のEPにMICHELLEが入っています!

ZOMBIES /SHE'S NOT THERE

BEGUN HERE  1965 UK DECCA
でっかのカッティングは太い音がしますが、このアルバムに関しては内周が弱い。よって、大ヒット曲はシングルで!

THE WHO / THE OX ,MY GENERATION

MY GENERATION 1964 UK BRUNSWICK 

アルバムもシングルもさして音はよくありませんが、昔購入したTEST PRESSのMY GENERATIONは凄まじい迫力。ベースが唸りまくる。

シングルで聴くTHE OXも強烈。

THE WHO / WE'RE GONNA TAKE IT,SEEME FEEL ME

TOMMY 1968 UK TRACK
以前ご案内したもの。

全く違う曲に聞こえます。

THE WHO / WON'T GET FOOLED AGAIN

WHO'S NEXT 1970 UK TRACK
このアルバムは音はさして弱くならないのですが、一応ご案内。しかしシングルは轟音。ただしEDITで短い・・・。


HOLLYS / I CAN'T LET GO

WOULD YOU BELIEVE?  1966 UK PARLOPHONE
BEATLESの同時代のフォロワー、後にCSNになるグラフハム・ナッシュ在籍。

このシングルはマージービートの中でも特筆するくらい音が良いです。

PETER &GORDON / A WORLD WITHOUT LOVE

PETER & GORDON 1964 UK COLOMBIA
当時のPaulの彼女のお兄さんのピーター・アッシャー(後にジェーム・ステーラーや、リンダ・ロンシュタットを世に送り出しヒットさせる)とゴードン・ウォーラーのコーラスユニット。作曲はレノン&マッカートニー。

KINKS / TILL THE END OF THE DAY

THE KINK CONTROVERSY 1965 UK PYE
YOU REALLY GOT MEはシングルもさして音が良くなく(低予算での録音なんでしょうか)、こちらを選択。空気を引き裂くような60年代キンキーサウンドをお楽しみください。

PAUL&LINDA McCARTNEY / BACK SEAT OF MY CAR

RAM 1971 UK APPLE
アルバムラストのPaulの7色の声が壮絶な大名曲。しかし、アルバムでは音を重ねすぎなこともあるのか、かなり潰れています。このシングルはイギリスのみのカット。APPLEと輸出用のCAPITOL盤。ボーカルが本当に立っています。これはシングルで聴きたい曲。

LED ZEPPELIN / SATAIRWAY TO HEAVEN

Ⅳ 1974 USA ATLANTIC
アメリカ盤はイギリス盤より音が太くカッティングされていますが、それでもやはりシングルは凄い。7インチはラジオステーション他用のサンプル盤(両面STEREO)、12インチは80年代にリマスターされたときのサンプル盤で33回転。

QUEEN / SEVEN SEAS OF RHYE

Ⅱ 1974 UK EMI
中々音の良い盤に当たらないこのアルバム(内容は最高なのですが)。最後の大好きな「輝ける7つの海」は音が完全にこもってしまい。そしてこのアメリカのサンプル盤(MONO/STEREO)を聴いたとき鳥肌が立ちました。

DAVID BOWIE / ROCKN ROLL SUCIDE

THE RISE AND FALL OF ZIGGY STARDUST AND THE SPIDERS FROM MARS  1972 UK RCA
イギリス盤ファーストプレスでも音が細いこのアルバム。アメリカ盤はどうなのでしょう?
このシングルはアメリカ盤ですが、いやメリハリが聴いていて、アコギの響きなんか素晴らしいです。

ERIC CRAPTON / LET IT RAIN

ERIC CRAPTON 1970 USA ATCO PROMOTION
アメリカのプロモ盤ですが最後の名曲LET IT RAINは音が細い・・・。

シングルは1972年にベスト盤が出たときのプロモシングルですが、ごれは音が素晴らしい!

LOU LEED / WALK ON THE WILD SIDE

TRANSFORMER 1972 JAPAN RCA 

アルバムは日本盤ですが音は良いです。しかし、それ以上にこのシングルは凄すぎます。ベースのが尋常ではない音圧で迫ります。

BOZ SCAGS / YOU CAN HAVE YOU ANY TIME

MIDDLE MAN 1980 JAPAN CBS
これハイファイレコード80年代に入りレコードの音も数段きめ細かくなってきたころのものですが、やはりシングルにはかなわない。エンディングのなきのギターが素晴らしいのですが、私はスティーブ・ルカサーだと思っていましたら、なんでも詳しいお客様から教わり、確認してみたら、 GUITAR SOLO:CARLOS SANTANAとあるではないですか!