※この店のルール

 

始めに

 

おかげさまで、レコードを愛し、音楽を愛し、常連でも初めてのご来店でも、酒飲みプロが、老若男女20代から70代まで、国境関係なく集う、理想の店ができています。そんな店を維持するためのルールです。英語ページにも海外からお越しの方向けに数年前から記載してありますが、すべてのお客さんが守ってくれています。

 

カウンターで店員などと楽しげに話しているお客様がもしいらっしゃれば、その方々はあの混乱が始まってから3年、毎週毎月の如く通っていただけた皆さまです。過去からのお客様、新たな常連様、若いしっかりしたお客様、本気でこの店を愛し、支えてくださいました。(まれに声が大きくなったり酔いすぎた方は注意しますが)

 

そのお客様たちからの力添えもあり、2021年3月をもってこの店はパンデミックを終了し、おかしいと自ら考えた理不尽な要請には従わず、行政からお金は受け取らず、通常通り営業しました。まずは、そんな店です。

 

ありがたいことに、さして広くないバーではありますが、最近は席数以上に、お客様がご来店いただける日が殆どになりました。毎日20時以降は、酒を飲む場が分かっているお客様を優先して席を空けてあります。飲み方がきれいで、バーでの過ごし方が見事な世界中から観光や仕事でお越しのお客様も含め。彼らの相手をしていると彼らから日々学ぶことが多くあり、こちらも幸せになれますので、常連様とともに大事にしています。リピーターさんも多いです。

 

 

こうして10年かけてやっと理想の形に仕上がったこのバーの雰囲気、味わいを維持、更に展開するために下記の通りに運営します。

 

 

この一年、あまりにおかしな日本の方が多いので。

本当にきちんとした方素敵な方も大勢いらっしゃるのですが、残念ながら最短本年4月一杯迄は下記の通りに運営させていただきます。少しでも多くの売り上げを上げる為に店を開いているわけではありません。初めての方も含め、お越しいただいたお客様が気持ちよく過ごし、喜んで頂ける店として運営してゆくためです。

 

 

☆この店のルール

①初めて来られる方へ

特に20代の方、バーとはどんなところか理解していない方のご入店はお断りいたします。雰囲気を壊す方はすぐに勘定をしていただきお帰り頂きます。それはどのような方々か、具体的には下記1⃣をお読みください。

 

②注意点

他のお客様の迷惑になる方はお帰り頂きます。

リクエストは店主が伺わない場合は受けません。ボトルのある常連様(皆リクエストはほぼしないですが)、海外からのお客様についてはその限りではありません。

 

③海外からのお客様に対して

むやみに絡む方はお帰り頂きます。海外の方は本当に礼儀をわきまえてくれています。日本人の方が気遣いができない民族だと感じ入ります。

 

④ノンアルコールはありません

お酒と音楽両方が好きな方のためのバーです。お酒に手を付けず、ひたすら話し込んでいる方、ただ座っているだけの人が来る店ではありません。静かにしていればよいというものでもなく、飲むときの居住まいを私たちは見ています。

 

☆初めてお越しのお客様は21時以降はお断りすることも多いです。 また早い時間に満席になった日はこちらも疲弊していますので、2人までとする日も多々あります。そんなに体力のある年齢ではないので。

 

⑤最後に

こうしたことはしたくないですが、あえて決断しました。

初めて来る学生の方、そして卒業後も社会に出ても家に閉じこもりずっとこの3年人と接してこなかった方は、お1人でも同世代のグループでも、店内滞在可能時間は月曜~木曜は20時までとします。金曜土曜、祝日前は終日入店不可です。金曜、土曜、祝日前は概ね常連さんなどの予約で入れません。但し、何度も来ている方は別です。学生さんでも大人顔負けのしっかりしている方も大勢いらっしゃいます。

 

 

店主のつぶやきとして・・・と、最後に記載しています。こうするより仕方が無くなった理由です。

 

 

 1⃣ 初めて来る方に

 

 ★さして人数の入れない店ですので、以下のことの理解できない方は、雰囲気を壊す、無駄な場所を使う等、他のお客様のご迷惑になります。席が空いていてゆったりしたスペースを確保する方が店としては大事です。

 ・ノンアルコールドリンクの提供はしません

 ・ここは大騒ぎするバーではありません 

 ・逆にいわゆるジャズ喫茶とも違います

 ・リスニングルームでもないです

 ・「酒の飲み方を知らない」方が来る店ではありません。

 ・店の物に許可なく触るなど礼儀を知らない方は論外。

 

勿論、酒の飲み方がわかっている方(コロナ中も必死に自分が好きな酒の飲める店を捜し歩いた方のような方)は20代でも大歓迎です。この店のバイトやその友達はそうした中の気のいい若いやつらです。

 

★また、以下のような方は、この店には合わないです。

 ご注意ください。

 

・先に記載した通り、酒に手をほとんどつけず話し込んでいる方。

これはある程度年齢の言った方にも多く見受けられます。ここは飲み屋です。飲まない方は来るべきではないです。もしどうしてもなら、50人以上は入れるバーに行かれるとよいと思います。

・学生さんとともにおかしな感じの方がこの半年多いのは、海外の観光客の方などと知り合って、初めてこの店に来る普段お酒を飲む場所に行かないような、もしくは騒ぐことが正しい在り方のバーやクラブなどにしか行かないような日本人女性と海外の方のペア。

リクエスト目的で来られても困ります。日本の一見さんには誰もお客さんがいないとき以外、リクエストに応じていません。海外の観光客の皆様にリクエストは伺いますが、意味が違います。コミュニケーションの一つとしてリクエストを受けています。さほど英語は我々は堪能ではないので。英語ページにはそうした場合来るのは止めた方が良いと記載します。

(過去一度もリクエストに応じたことはありません。完全放置させていただきました。人によっては余りのうるささに帰っていただきました)

・早い時間に泥酔して入ってくる年配の方

・初めての店に混んであるであろう時間帯に来る若い方。

・チェーン店でしか酒を飲んだことのない方。

・カフェと酒場の区別がついていない方。

・初めてこられて、他の方の話にぐいぐい割り込んでくる方。

・勿論、隣の方に絡む、酔って席を移動して話しかけたい方。

・飲み物にほとんど手を付けないで話し込んでいる方。

・ひたすら早口でしゃべり続ける女子二人組、うるさいです。

・家にいるようにだらっとしているような方。

・いいとこ見せようとして来た若いカップル。大体玉砕します。

・飲み屋は騒ぐ場所と思っているという方々。
・一人で来てもずっとスマホを覗いているような方。

・当店はマスク禁止です。雰囲気が壊れますので。

・常連であっても調子に乗って話し声があまりに大きい方や他の人をまたいで話を大声でする方は注意しています。

・食べログでこの店を見つけてきた様な方は来ない方が良いです。   当店は一切食べログ等グルメサイトは関与していません。googleとこのHPのみ正しい情報を入れています。(RETTYはJT喫煙所マップ掲載の為に必要なので最低限関与・・・天下り企業の同士の繋がりなんでしょう)

 

2⃣ ご注意点

 

①最大の注意点

音楽とお酒を楽しんで頂く店です。

よって、

騒ぐ店ではございませんので、他のお客様の迷惑となるような、大声の継続や大笑い、嬌声はご遠慮ください。
また、
隣席の方にしつこく話しかけることもご遠慮ください

 

 

ご入店に際し

入店は閉店1時間前までです。

混雑した日は氷や炭酸を店内にいる方の分の確保のため、23:30より前にクローズまたは入店お断りすることもあります混雑した穂は21時で入店終了させることもあります。

 

★リクエスト
常連さん、何度もお越しの方、お酒を飲む場の事を知っている方以外は基本受け付けません。受けられるときはこちらからお声をかけさせていただきます。

常連様の中にはリクエストしないことがリクエストの方も大勢いらっしゃいます。通常は場の雰囲気、流れなどに気を使って選曲しています。逆に海外の方には、わざわざ遠い国からお越しなのでリクエストを受けています。但し、すぐにかけません。組み立てながらかけています。彼らの幸せそうな顔を見ることが今何よりの楽しみだからです。

 

★マスク
店内ではしないでください。常連以外、マスクをして入ってきた方は確実に入店お断りています。風邪気味の人は帰りましょう。

 

★換気について

たばこの煙を逃がすために行っています。
加湿は12月頃から行います。

 

3⃣ 海外のお客様への対応 

 

海外の方(主に観光でいらした方)が昨年末から増えて、半数のお客様は世界中からお越しの方です。パンデミック以前も書きましたが、本当に素晴らしい方々で、飲んでいる居住まいが見事です。この店のルールと英語ページに記載していることをよくお読みになってこられています。パンデミック期間中、この日々を目指していろいろと仕掛けてきました。


★むやみに「イェーイ」等ハイタッチ禁止

★海外の方は1か国だけではないです。国によって、個人によって考え方は違います。

★リピーターも多々いらっしゃいます。

★話したければきちんと英語でお願いします。

★海外の方(特に女性一人客)に話しかけて、この人このアーティストが好きみたいだからかけてあげてよ、というリクエストは受けません。ちゃんと皆さん聞きながら考えてます。リクエスト要旨は海外の方には、こちらが聞き取れないこともあるので渡してあります。リクエストのタイミングを考えている方もいます。

 

 

4⃣ ご注文について

(特に20代~30代前半と思われる、初めてお越しの方に、以下多いのでよくご理解ください。

 

★第一に、この店はバーです。:カフェではありません。お酒が飲めない方同士、二人連れでもお酒が飲めない方とのご来店もご来店はお控えください。

酒を頼んでも手を付けない方も同様です(バーでの酒の飲み方を知らない方の事です)。店の雰囲気を壊しますから。

 
 

ノンアルコールドリンクは提供しませんが、ボトルのある方のお連れ様、2名以上の何度もご来店されているお客様(病気や様々な後遺症で体を壊しているなどの方)には提供します。

 

★飲まない方は、だらだら長居は禁止です。バーはどこでもさっと飲んで飲み終わったらさっと帰るのが「COOL」です。

 

★若い2人組に警告:グラスが空いていてお酒のおかわりなきときは、お席を譲っていただきます。勿論手を付けない方は論外で会計お願いします。混雑時に限らず。ひどい方は、迷惑チャージ追加(時価)で頂きます。うるさい方も含め。

 その追加分額を他のお客様に還元サービスします。

 

★ドリンクオーダーなきときはフードは提供しません。

 

1杯目の空いたグラスを前に、もしくはドリンクにほとんど手を付けないでずっといるのは、他のお客様にとって気分の良いものではありません。混雑する日や時間はなおさらです。

 

 

店主のつぶやきとして・・・

 おそらくチェーン店の居酒屋や騒ぐためのバー(これはこれで正しい飲み屋)しか知らない方が多いのでしょうが、2023年春以降に初めて来た9割以上の20代日本人、例えば学生と思われる方、20代のカップル、更にはいい年をしたおじさんまでもがあまりにひどいので。
概ね下記「1.始めに」に記載したような方です。毎日スマホばかり見ていないでもう少し、様々な世代の人とのコミュニケーション、人の在り方、考察力・洞察力をつけてから来てください。(パンデミック中は逆に将来頼もしい学生さんが多数来られましたが)

個人の店はそれぞれしきたりがあります。それが分かってから、もしくは理解しようと考えてから飲みに行きましょう。一番いいのは、飲む場に慣れている上司、先輩とまずは一緒に飲みに連れて行って学ぶことなのですが・・・。同世代だけしか遊ばない人は成長しませんよ、仕事も含め。

 

逆に夢をもって何かを考え、何かを探し求め、それに向かって何かを始めているような20代の方は素晴らしい方が多いですのでいつでも歓迎します。うまく混んでいない日や時間に来ることを願っています。(そんな方の予約は受け付けます。このページを読んだと電話で言ってください。

勿論、久々に来るられる方、初めてでも「居住まい」の意味がわかるお客様も歓迎します。

 

 

おじさんたちは初めてくる場合、基本平日の早い時間に来て店の流儀を見ます。その後徐々に遅い時間にやってきます。常連らしき人が増え、混んできたらいったん退散します(ちなみに新宿は飲みのプロが多く、個人の店に行ってみてください、老若男女そんな人たちがたくさんいますので、横で見て学んでください)。

多くのバーは、お客さんを含めそのスタイルです。しかし、いろいろなバーが、これまで書いてきたことと同じ状態で困っています。

 

 残念ながら、最近本当に忙しく相手をできなくなることが多いので、我々が何がおかしいのか教えてあげられないことも事実です。なので、どうしても来てみたいと思う若い方はまず早い時間に来てみてください。

ただ、間違っても、この店だけにしかない秘密のお酒が欲しい等と何処かにどこかに書いてあるようなマニュアルや、ウイスキーは何がお勧めですかという漠然としたこと等を言わないように。自分で日々飲み歩いて学んでください。オーセンティックスタイルのバーなら、混んでいない時間であれば、カクテルにしろウイスキーにしろどんなお酒が好みなのか選んで作ってくれるはずです。

 

 

最後に・・・
ここまで読まれたお客様は十分にこのバーをご理解して頂いていると思います。特に20代の方、入店時にウェブサイトの「この店のルールを読みました」とおっしゃってください。もしくは電話でその旨を告げてください。

我々は歓迎いたします。

 

 

 

今後の営業について

(2021.01.01)

今後も何があっても、基本的に非科学的な、非人道的で意味のない要請は受けません(お客様の為に人数制限は行う可能性ありますが)。この店を愛するお客様の為にも、この一年頑張ってくれたバイトたちの為にも、我々が「生きる」為にも。

 

2021年6月分以降、一切要請は受けていません。赤字であっても協力金は一切請求していません。

 

 

 2022.09

この気持ちを忘れない為、あえてまだ消さないで残してあります。ロックのバーの親父が、おかしな世の中に対しての怒りを忘れたら終わりですので。

 

 

 

 

2021.6月以降ずっと通常営業しています。

毎日が混むわけではありませんが、我々の生活の為、気力維持の為、健康の為そしてなにより、この店を愛して頂いているお客様の憩いのひと時の為に、つまり「生きる」ため25時迄営業を致します。度重なる時短営業・休業でご不便をおかけしました。おかげさまで2021年10月以降、以前とは違った形で元に戻っています。

 

 

 ★2022.1月下旬以降の時短要請は根本的におかしいでしょうと疑問を抱いている方、どうぞお越しください。ただし大勢で騒ぐ店、初めて会ったお客様同士でいきなりべらべらしゃべる店ではありませんので、ご了解ください。また、他人を気遣うことなく騒ぐことが目的の21時以降の飲み屋難民団体は、入店を固くお断りします。お金のためだけで店を運営しているわけではありません。

そして、現在4人のバイトも抱えています。本当にこの店が好きで働いてくれているメンバーです。彼らの為にも休んでいられません。我々もやれ地団駄休業要請だと生活時間帯をしょっちゅう変えられては体や気持ちがもちませんので、我々の健康最優先で店をやらせてもらいます。

 

私の店は20時以降にしかほとんどお客様が来なく、しかも、売り上げの半分以下の補償しかないものは受けられるわけがありませんので、今回も営業いたします。今の補償額では店は運営できませんし、生活も困難になります。
勿論補償は請求しませんし(6月以降一切申請していません)。渋谷もかなり21時以降営業する心ある店(がやがや騒ぐ安かろう悪かろうの店ではなく、きちんとした飯屋や老舗が)も増えてきそうです。
区からは昨年頑張ってくださいと励まされています。

営業する理由は以下6月以降と変わりはありません。政府も都も言ってることやってることめちゃくちゃですね。あえて書きます。かわいそうに、濃厚接触者扱いされた人が多発し、何度も自宅謹慎させられています。会社で規定が違ったり、国や自治体とは別の動きになっていたり。本人はいたってぴんぴんしているみたいです。しかもみなし陽性者って何でしょう。あほくさいので皆さんみなしマスクをしてください。

 

【6/1以降通常営業する理由 7/8記載 10/2更新】

 

 

★個人経営の飲食店は基本日々頂く皆様の代金で生計を立てています。何かあってもよいように普通は資金を持っていますが、昨年の3-5月ですべて放出。頑張って貯めても緊急事態になるたびに、貯蓄はゼロになります。休業などして、その補償があっても翌月にはなくなります。地方都市と東京23区が同額なので当然ですが。

(10/1から酒類解禁になりましたが、20時迄。そもそもバーのお客様は20~22時ころに来られるので意味はないです、20時までの酒解禁では)

 

★店の運営費とは別に我々の生活費も当然必要です。自宅家賃や光熱費はもちろん、税金・健康保険・国民年金等も払う必要ありますから。(健康保険は2019年でなく2020年前年対比30%以上収入が減っていないと割引など適応にならず、今年は払っています。渋谷区役所からはお店頑張って稼いでくださいと励まされました。結構渋谷区は親身になってくれています。)

 

★正直、現状では余裕をもってお席をご用意し、満席にならないようにしていますので、補償を頂いて休んだほうがお金は残ります(絶対的に足りないですが。ちなみに7,8月は赤字、9月の利益は5万円弱です)。ただし、毎週通っていただくお客様の憩いの空間がなくなるということは、そのお客様方の精神の状況・ストレス蓄積に悪影響があり、ストレスは病を生みます。そうしたお客様方の為にも営業は必要と思っています。皆さん静かにゆっくり、音楽を楽しみながら飲まれています。

10月はやっと通常近くに戻ってきています。皆さまどうもありがとうございます。ただし、私の店でではありませんが、久々に飲んで飲みすぎ、転んでけがをしたとなどというお声もまれに聞きますので、くれぐれも飲みすぎに注意しましょう。

 

★私のストレスも軽減されているようで、2021年1-5月まで血圧は上が180以上ありました。この夏は上が137迄下がっています。自身の健康のためにも営業させて頂きます。

 

★蒸留酒(ウイスキー・ジン・ラム・テキーラ・ウォッカ・焼酎など)は英語で「SPIRITS」と呼び、火の神であり、魂、精神をも意味します。また、お酒=「SPIRITS」=「命の水」でもあり、蒸留した方々、そして共に飲む方々と魂をも分かち合えるものです。その魂を分かち合うことはならないということは非常におかしな話です。しっかり味わって魂を分かち合ってください。

 

★こうしたマスコミがあおる環境の中、それでも初めて飲みに来ていただけるお客様が日に日に増えています。そうしたお客様は、この環境に疑問を抱いている方が大多数です。

政府や自治体は当初申し訳ないというスタンスでしたが、専門家等を使い、いつの間にか、人々に対し命令口調になっている始末で、おかしな話です。

我々は、日々文句を言わず、普通に生き、普通に過ごし、普通に店を運営しています。

 

★休業要請を受けたとき、仕入れ先の氷屋さんの社長が、「でもやってる店あるんですよ・・・」と訴えたときの切ない表情が忘れられません。皆さんがお越しいただくことでわずかながらでも、そうした大切な業者さんの助けになります。 

 

★初めてきた方が、来てよかった、この曲好きだったんだと、最初は緊張した表情であったのが、ぱっと明るい表情になり、本当に楽しかったんでまた来ますと言っていただくことが増えてきました。そのために、店をやっていてよかったとつくづく感じます。心が救われます、お互いに。

 

★そうしたお客様、毎週来られる常連さんから頂く尊いお金で、我々は生きてゆきたいと考えます。

 

 

なので、営業しています。

 

 そして、一番大切であると思っているのは、好きで始めたこの仕事、店。20代のころからの夢が50代でかなったわけです。そうそう簡単に営業をとめるわけにはいきません。私は飲み屋の親父の本分を全うします。それぞれの仕事の本分を皆さん全うしましょう。

 

 

(そもそもマスコミ関係や代理店、公務員、議員等緊急事態でもこっそり裏でやっている店で飲んでます、という情報も各方面から直接入っていますので皆さんご安心を)