· 

BEAT ROCK (AFTER PUNK)

今回は、私が原体験した同世代のロックを。

 


当時の高校生の私は勉強をするという振りでラジオに

神経を集中しながら(親に聞こえないようにイヤホンで)。

 

 

当時はオンタイムといっても、AOR、ハードロック、

フュージョン、テクノ、いわゆる産業ロック的なものなんかが

流行っていたと思います。

 

 

どれもよく耳にするのですが、昔のロックやBEATLESほど

魅力を感じず、BEATLES、WINGS、買ってきたシングル盤を

録音したカセットテープと昔のロックのかかる番組に集中する

日々でした。

 (今ではAORや産業ロック大好きです)

 

 

 

しかし、ラジオの懸賞で当たったレコード券で買った

「SETTING SONS / THE JAM」が全てを決めました。

 

「なんだこの疾走感は!!!」と。

 

丁度JAMの初来日があり、POLICEの初来日があり、

ライブに行って完全にいわゆるビート系のパンク以降の

ロックに打ちのめされました。

 

その後、ラフトレードやクレプスキュールレーベル等、

マイナーレーベルものにはまり、ネオアコにはまり、

パブロックと出会うという20代を過ごしていましたが、

 

ここには、愛してやまないビート系、ブリティシュポップの

アルバムたちを挙げておきます。

(一部ちょっと違う位置のものもありますが。)

 

 

 

アルバム毎のワンコメント以下に記します。

 

※SETTING SONS / JAM

初来日公演はA面2曲目のTHICK AS THEIVESから演奏が始まり

今でもその光景が目に浮かびます。

最後のマーサ&バンデラスのカバーのHEAT WAVEで完全に虜に。

 

 

※GIFT / JAM

ノーザンソウルに傾倒するポール・ウェラー、しかし力強い曲や

今までのジャムの傾向の曲も多く、タイトル曲は強烈。

当たり前のようにUKチャート1位。

 

 

※POWER IN THE DARKNES / TOM ROBINSON BAND

ビート系で一番好きだったアルバムかもしれません。

タイトル曲はラップ調に歌い上げ、POWER IN THE DARKNESS

とシャウト。

メロディーに後になってわかった、トムのアメリカンミュージック

好きな感じがそこかしこに。

 

 

※REGATTA DE BLANC/ POLICE

名盤です。捨て曲全くなしの完璧なレコード。

POLICEの前にPOLICE無し、POLICEの後にPOLICE無し。

 

 

※GOHST IN THE MACHINE / POLICE

お小遣いで何を買うか相当悩んで買った1枚。

前作ZENYATTA MONDATTAは初めて輸入盤で買いましたが

歌詞カードが欲しかったので日本盤を買おうと。しかし欲しい

レコードが他にもあったので。

なので思い入れが強い1枚です。

B面のOMEGA MANにやられました。

 

 

※SANDINISTA  / CLASH

クラッシュで1番好きなアルバム。ダブは多いですが、

ジョーらしい曲、ミックらしい曲満載。

LEBEL WALTZは今でも大好きな曲。

 

 

※LEARNING TO CRAWL / PRETENDERS

PRETENDERSはアルバムでというよりシングル中心に

聞いていました。しかし、このアルバムは完璧。

出だしから疾走感満載。

 

 

※PUNCH THE CLOCK / ELVIS COSTELLO

始め、コステロってピンとこなかったのですが、大学のころ

バイト代で大人買い!をしたときの1枚。何度も何度も聞き

ました。ELEMENT WITH HERなんかすごい綺麗なメロディー。

 

 

※FINE ART OF SURFACING / BOOMTOWN RATS

RATSのアルバムは自作MONDO BONGOまでどれも好き。

悲しいくらいにイギリス以外で売れませんでしたが。

一度アルバムを体験していただくことをお勧めする1枚です。

シングルにもなったA1曲目のSOMEONES LOOKING AT YOU

をぜひ。勿論MONDAYもよいですが。

 

 

※BLACK SEA / XTC

GENERALS & MAJORS、LIBING IN THE ANOTHER CUBA

に完全にやられた。この曲のライブ盤も店にありますので是非。

テンション上がるライブです。

 

 

※OCEAN RAIN / ECHO & THE BUNNYMEN

兎に角かっこよかった、イアン、マッカロック。多くのバンドが

WHOやBEATLES等60年代イギリスのバンドの曲調の流れを汲む

中、奴らはDOORSやVELVETでした。

SILVERの冷ややかな空気感、こんなバンドいなかったです。

 

 

※WAR / U2

U2で一番好きなアルバム。実はヨシアリー・ツリーはあまり

ピンと来なく一度手放してしまっています。

まだアイルランドのバンド!という研ぎ澄まされた緊張感が

心地よいアルバム。

SUNDAY BLOODY SUNDAY・・のイントロのかっこよさ

といったら。

 

 

※QUEEN IS DEAD / SMITH

SMITHはラフトレードの一環で聴いていましたが、ある意味

このアルバムは衝撃を受けました。

ジョニー・マーのギターワークが本当にさえているアルバム。

 

 

※LIFE'S RICH AND PAGENT / REM

素直にこれは凄い!と思った1枚。ピート・バックは80年代で

一番好きなギタリストです。

デビューから3枚目までは貸しレコードでカセットで聴いてい

ましたが、なんとなく今回は買おうと部屋でターンテーブルに

乗せた瞬間、印象的なイントロとともに今までよりずっと厚い

REMのサウンドが。2曲目のTHESE DAYSで死にました。

 

以下毛色は違いますが

 

※STILL LOVING YOU / TOM ROBINSON

TRB解散後紆余曲折後、地震の好きな?アメリカンサウンド的な

アプローチを押し出した傑作

 

 

※NICK THE KNIFE / NICK LOWE

初めて聞いたニックロウ。新潟の今は亡きロックバーの店主

イクオちゃんに教わり惚れ込んだアルバム。LET ME KISS YA

のベースがとにかくかっこいい。

 

 

 

※DIRE STRAIGHTS / DIRE STRAIGHTS

悲しきサルタン好きな方、同世代に本当に多いです。

マーク・ノップラーは80年代最高のギタリストでは

ないかと思います。

しかし、女性ファンの少ないバンド。